ツインピークス The Return第5話 あの衝撃の最終回と繋がる

画像

ネタバレあります。


連続放送から約ひと月、長かった
じっくり本放送で楽しむべきだったか
連続放送なんか見るんじゃなかったか
いずれにしても後の祭り
素直に、続きが見れる喜びを味わおう
25年待ったんだから、1月なんて軽いもんです。

前回ゴードンらFBIチームの次なる行動
「彼女は今、酒場にいる」という、
いったい彼女って誰なの〜状態で切られてしまったので
いよいよ彼女登場かと思いきや・・・

またしても別角度からの導入となる
ダギーを追う謎のチンピラたちは相変わらずこう着状態の見張り番
雇い主らしき女性に連絡を入れるが
女性は、解決しない状況に苛立ち、ブラックベリー端末で
どこかへメッセージを送る
謎の中継装置がビリリと鳴るが反応しているのか否か
あっちの世界と通じているのか・・・

一方サウスダコタのバックホーン署では首なし死体の検視が行われ
胃からダギーの結婚指輪らしきものが見つかるが
この時点では、警察とダギーは繋がっていない
この死体、体格からすると本物のダギー・ジョーンズのものなのか?
これは推測だが
クーパーを現世に戻す際に、ボブとの入れ替わりを避ける策略として
代わりの素体として選ばれたのがダギーでみたいな事なのだろうか
この辺りは、まだまだ深そうだ

サウスダコタ、ブラックヒルズの刑務所では
取り調べを終えたボブ・クーパーがひとり、鏡に向き合う
とたんにフラッシュバック
劇場版でのボブと魅入られてしまったクーパーの笑いの雄叫びシーン
そしてテレビシリーズ最終回
グレートノーザンホテルの一室の洗面所
鏡に額を打ち付けるクーパー、鏡の向こうのボブ
その一つ一つが、強烈なインパクトと共に蘇る
やはり、今の彼(クーパー)は"ボブ"なのだ
その存在が明確に証明された
画像


所変わってツインピークス
新キャラ、スティーブンはどうやら兄の会社に就職出来なかったようだ

また保安官事務所ではこの数十年の間に結婚したらしい
トゥルーマン保安官の奥さんがヒステリックに
家庭の些細な事を怒りに変え夫(保安官)にぶつける
かたくななまでに冷静で静かに対応する保安官
二人の間にあるものはかなり深そうだ

一方、ダギー・クーパーは、
奥さん(ナオミ・ワッツ)の力を借りてなんとか出勤

郊外の売家の前には、相変わらずダギーの車が置き去り状態
監視のチンピラ連中も巡回、
そこに現れる黒い車、こっちもチンピラっぽいが何者なのか?

ここまで見て気づいたのだが
デビット・リンチは、各テーマごとに音楽を一定にしているようで
音楽を聴くと、どのブロックの話なのかがおおよそ検討がつく感じだ
特に今回は広範囲、多岐にわたる人々が登場しているので
前シリーズをくまなく知っているだけでは知識不足に陥る
そういう意味で、この音楽を頼りにした
デビット・リンチならではの整理の手法は物語を整理する上で
とても役に立ちそうだ

なんとか会社に出勤したダギー・クーパー
腑抜け状態でこなせるのか不安を感じさせるが
幸運にも同僚が、会議室へと道引いてくれる
同僚の持っているコーヒーを欲し、受け取るとゴクゴクうまそうに飲む
やはり内包するクーパーは健在のようだ
前回のコーヒー吹き出し事件は
どうやら奥さんが入れてくれたコーヒーがまずすぎたようだ
会議の中では、ジャックポットで現れた謎の光が
会議で説明中の別の同僚に現れ
思わず、 「ウソだ」と言ってしまうダギー・クーパー
この後の展開が安易に予想できそうだ

カジノではジャックポットでの出来事を見過ごした
マネージャーが、支配人らしき男とその片腕らしき男に
今までのカジノの柔らかい対応とはまるで正反対の
残虐性溢れる暴力で痛めつけられクビにされる

郊外のダギーの車の下に何か点滅するものを見つける近所の子供
しかしそこに現れる、黒い車のチンビラ
どうやら自動車窃盗団らしい、
ドアをこじあけ、エンジンをONに
途端に大爆発する車
行方不明の車はこれにより明るみになりそうだ

売家でクーパーになる前のダギーと
情事にふけっていた黒人女性は、
洗車場で係りの作業員から車の中に落ちていたカギを渡される
ダギーが落としたものに違いない
あのグレートノーザンホテルのキーだ
キーのホルダーには
落とした時用に
グレートノーザンホテルの住所が記載されいた
女性は、キーを郵便ポストに放り込む
ホテルに届いたキーはどうなるのか、波乱を呼びそうな予感
画像


就職できなかったスティーブンは
RRダイナーのシェリーの娘と恋仲のようだ
母親であるシェリーに金を無心する娘
その行き着く先はスティーブンで
スティーブンの手には麻薬が・・・
咎めながらもスティーブンと共にハイになり陶酔する
画像


仕事を終え帰途につく・・・というか腑抜け状態なので
会社は終わったもののその後どうしたらよいかわからない
ダギー・クーパーは会社のビル前の広場でたたずむ

ツインピークス保安官事務所
ホークとアンディはローラ・パーマー事件の資料の見直しを続ける
画像


初回、なぜか大量にスコップを購入していたジャコビー先生は
定時のインターネット配信を行っていた
何かのプロパガンダかと思いきや、悪徳霊感商法?
黄金(ただの塗装)のスコップ販売の宣伝だった
画像


バージニア州アーリントン国防総省(ペンタゴン)
サウスダコタの首なし死体の事件にからんで発見された指紋の情報が伝えられる
その指紋は前作ツインピークスでクーパーと最後に会ったとされる
ガーランド・ブリッグス少佐(ボビーの父親)の指紋らしい
国防総省も動き出した。

画像

バン・バン・バー
禁煙表示の酒場でタバコをふかし続ける男(なんとなく危険な感じ)
言い寄る女を乱暴に扱う、暴力的で血なまぐさい雰囲気漂うが
全く無説明のまま、今回は顔出しのみだ
画像


サウスダコタ、ブラックヒルズの刑務所
ゴードンの指示通り、刑務所長のマーフィーは
ボブ・クーパーに電話を許可する、すぐに電話をかけると思いきや
謎の言葉、意味ありげな会話(相手がいないのに)をはじめる
それは少なからず、所長のマーフィーを動揺させる内容だったようだ
そして電話をかけるボブ・クーパーその次の瞬間
ありとあらゆる警報が鳴り響く
そして受話器に向かい「牛が月を飛び越えた」と一言発し電話を置く
????まさに謎

最後はやっぱり帰途につけていなかったダギー・クーパーが
会社ビルまえで佇む姿にクレジットがのりEND

いやはやすごい情報量、すごいキャストの量
見てるこちら側としては、こうやってブログにあらすじでも書いてなけりゃ
全く整理がつかないくらい大変な状況になっています。
前話のゴードンたちのあの先の行動はついに今回は語られず
次週に持ち越してきちんと見せてくれるかもあやしい
「想像を上回る」コレがテーマなのか?
とにかく全く次の展開が読めない、ゆえに次回も見なければ
個人的には、いつまでも腑抜け状態のクーパーには
そろそろイラっとしているので、そろそろ何とかして欲しいというのが本音です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック